蛹「デビューきっかけ編」

           


きっかけ(その1) 1999/9/30

今回は初めましてということでデビューのきっかけでも聞いてもらおうかな。
プロになって2年、デビューのきっかけについてよく聞かれるけど、コンテストで選ばれたとか、レコード会社に声かけられたとか、俺の場合、一言ではなかなか言えない。

大学を出て、デビューの話がもちあがるまでの3年くらいの間、ひとりでギターかかえて大阪、神戸のライブハウスで月1本くらいのペースでライブをやってた。もちろんオーデションや、コンテストにも一時期自分の力量を試すために出まくったけど、どれも、いいところまではいくんだけど・・・って結果で、いつも、もっともっと自分のパワーもたなきゃ、だめだって、とにかく地道にライブ活動を重ねてた。
あの頃はけっこういろんなこと好き勝手試してたなぁ。ステージにでっかい絵を飾ってライブをしたり、リクルートスーツを着てサラリーマンの芝居がかったライブをしたり、懐中電灯1本でライブをしたり、それでも、歌は今とかわらず、必死で思いを伝えてた。
時々、そんな昔のビデオを見たりすると、それこそ、声はがなってボロボロ、ギターもへたやし、曲間の話も、今以上に口下手でひとりでヘラヘラはずかしそうにしゃべってるのだが、みてるこっちがはずかしくなる。それでも熱いなあって自分で思うくらい、このころからステージにはうたの情熱みたいなもんがあったと思う。
    
そして、そんなライブにちょくちょくコンテストなんかで知り合った、音楽業界の人やらが見に来てくれた。そんな中のひとりにイベンターのJさんて人から、小さなライブの出来る飲み屋をつくったから、うたいに来ないかってさそわれて、それがたまたま、実家の近所だったというのもあって、たまに顔を出すようになった。
確かWoodStockって名前やったっけ。
その店は、そのJさんの昔の音楽仲間やら(音楽業界の人って昔バンドやってた人がけっこう多い)が出入りしてて、ビートルズやオールディーズのコピーとかをおっちゃん連中がやってて、俺も時々ハーモニカとかコーラス手伝わされたり、まあ楽しかったんだけど、あんまり雰囲気になじめんかったなぁ。それでも、ただ酒飲ましてくれるし、うたわしてくれるんで気が向いた時フラッとあらわれてた。
そんなある日、たまたま、東京の小さなアーティスト事務所のGさんて人が大阪出身の新人アーティストと打ち合わせに、その店にやって来た。

      

       

きっかけ(その2) 1999/10/5

         

Jさんに俺のこと紹介してもらったら、Gさんがそれじゃ1曲聴かせてよって言ったんで、その場で1曲うたったら、もう1曲聴かせてよって何回か言われて3曲くらいうたったっけかな。そしたら、オリジナル曲の音源ないかって言われて、あわてて家に戻って、デモテープなんてちゃんと作ってなかったから、ライブテープダビングしてわたしたら、1週間後に電話があって東京でデモテープをつくることになった。デモテープをつくって売り込んでくれるらしい。
      
はじめて東京から交通費まで出してもらって呼ばれることに、乗り馴れない新幹線の中で、いい気になっていた。レコーディングはギター1本で1発録りみたいな感じで1日3曲録って終ったけど、また数週間後に東京へ来て、今度はライブをしようということになった。
          
そのライブがまた、確か下北沢のクラブQって小さなライブハウスで、行ってみてわかったのだが、他のいくつかのアマチュアバンドの合い間にしかも客席の横っちょにお立ち台をおいてうたうという、なんともきびしいライブだった。
         
セットチェンジの最中なんで、ギターやベース、ドラムなんかのチューニングする音がガンガン、ギター1本の俺のうたを邪魔するし、俺を観るためには、お客さんは横向かなきゃいけないわけだし、お立ち台はグラグラゆれるし、すっごいやりにくかった。でも、この時の俺の負けるもんかパワーはそれ以上に凄く、3曲のスリーステージだったけど、さわがしいその小さなライブハウスをどんどん俺の世界に引き込んでやった。ライブっていうのは、音の良し悪しもあるけど気合いで、決まったりする。
そんな気合い全開バリバリのライブに、何人か業界の人をGさんは集めてくれていて、その中に、今所属しているボアミュージックの社長も、観に来てくれてたのである。
         
その後、はじめに俺を紹介したJさんを窓口に、今後青山をどうしていくかってチームが出来上がったが、俺は実際、誰がどんな会社で、どんなことをしているのか、あんまりわかりもせず、気に入ってくれてどうもありがとう、みたいな感じだった。そしてそのうち、青山は俺がする、みたいなちょっとややこしい関係になってしまったけど、結局、今のボアミュージックの社長が、「砂の城」という昼ドラの主題歌の話があるということで、みんなで話し合った結果、事務所をボアミュージックにすることになった。

 
 

       

きっかけ(完結編) 1999/10/13

        

昼ドラの主題歌の話は、この「砂の城」というドラマのもともとの原作は、少女マンガでその作者の一条ゆかりさんが、うちの社長と知りあいで、俺のうたすごく気に入ってくれて、決まったらしい。
デビューが決まった時、正直いって、これからやっていう、夢が具体的に現実になっていくそのなんとも言えない期待と不安で、あんまりうかれてはいられなかった。ただ両親や、友達、俺を応援してくれてた人たちが喜んでくれて、それが本当に実感できるうれしさだった。

そして、そのデビューの話が決まるちょっと前に、俺はいまのうち、好きな事やっとこうと、昔のバンド仲間を集めて、BURST FRUITS というバンドを組んだ。はじめはみんな遊びのつもりやったけど、一度それぞれとバンドを組んでたということもあってか、ひとり弾き語りよりもパワーのあるバンドになって、ガンガンライブ活動をはじめた。そして、俺は半ば強引に思い切ってこのバンドでデビューさせてくれと社長に頼んだ。はじめは反対されたけど、ある日のBURST FRUITSのライブに社長が徳間ジャパンの本部長と観に来て、演奏はまだまだだけど、いいかもしれないということで、97年8月6日に、めでたくこのBURST FRUITSがデビューした。

今まで、俺が信じてるものを貫いていく中で、たくさんの出逢いと別れがあった。

みんなにありがとうと振りかえるたびに思う。
スタッフだけじゃなく、家族、友達、恋人、ファンのみんな。
そして、これからもそれをエネルギーにして自分の道を歩いていこう。

長々となりましたが、これからもこのホームページにおじゃまします。
気まぐれ筆不精で次はいつになるかわかりませんが
待っとって下さい。

1999.9.28 青山浩志



    

最新に戻る