アーカイブス トップに戻る

2000年〜 dashのバックナンバー

 

 

2001/12/17

なんとラッキーな事にワールドカップ2次販売に勝利し、2つ目のチケットをゲットしてしまった。もうあれよ、電話したよ僕は。リダイヤル、嗚呼リダイヤル、リダイヤル。腱鞘炎も辞さない覚悟で押し続けたね。dash久しぶりの努力。このチケットは、もしかするとブラジルVS日本戦になるかもしれない、めちゃプレミア。もう心は2002年6月。ヤバイ。大げさに言うと今から緊張している。

んでADSLですが、絶好調。なんつーの、今までだったらネットにわざわざ繋ぎにいく「えいやぁ」って感じだったけれど、今はずーっと繋がっててネットしてない時は蛇口しめてるって感じ?ありゃわかりにくいか。でも、これが本来の姿なんじゃないかなぁ。

そして、ジンジャー。なんだよ電動キックボードかよ。それもうあるやん。


2001/12/11

うちにADSLがやってきた。もうめっちゃくちゃ速い。何をしていいか解からずベンチマークばっか計ってる。常に5M以上は出てるみたい。5Mの意味がもう一つよく解からないのがもどかしい。でもこのスピードを活かしきれない事は、もっともどかしい。

●免許とりたてなのに、ポルシェ買っちゃった感じ?

●ボーリングのアベレージ45なのに、マイボール&マイシューズ?

●証明写真に一眼レフ?

●田代まさしなのに、のぞいた相手が男?

最後のは余計です。

それにしても僕がサイトを大幅に触ると田代まさしが、何かするなぁ。何らかの因果関係を感じる。

つまり、マーシーの法則。駄洒落かよ。


2001/08/30

ホントの事知りたいだけなのに、夏休みはもう終わり。こんちはdashです。悪いが今回は写真だらけだ。男のロマンである所の琵琶湖を自転車で一周するという、なんというかまあ、そういうイベントの報告をしてみたい。

              

はじめはいつだって元気

5年ほど前、友人が新大阪駅の近くのコンビニで「いしだ壱成」を見かけたらしい。彼は店をウロウロし、レジに並び、支払いを済ます間、こうずっと前後に揺れている感じだったらしい。リズムをとっていたといわれれば、そうなのかもしれない。いや、そうであって欲しい。でも多分違うと思う。
ちなみにその時の友人の感想は「奴はあごが無い」だった。

      

       

スケール感がつかめない

それにしても、琵琶湖はでかかった。これから自転車で行く先が、遠く彼方に霞んで見える時の、ちょっとした絶望感というか、あっちゃ〜感が、皆さんに解かっていただけるだろうか。地図で見るとほんの少しの出っ張りが、前方に大きく広がる半島だと気付いた時のやるせなさを、理解していただけるだろうか?我々はちっぽけだ等というつもりは無い。琵琶湖の方が大きすぎるのだ。

         

 琵琶湖タワーにタワー無し

皆さんご存知の琵琶湖タワー。しかしながら現在琵琶湖タワーにタワーは無い。かわりにヒモなしバンジーがあった。なんだよヒモなしバンジーって。こうビヨ〜ンと戻ってきてこそのバンジーではないか。

     

    

        

それでも泳ぐ男

世の中には色々な人がいる。卵焼きに砂糖をかける人、新聞の4コマ漫画を毎日読む人、タクシーに乗ると緊張する人、さらには自転車で疲れているというのに、裸で泳ぐ人もいる。しかも泳ぐと体力が回復するらしいから、不思議だ。両生類なのか君は。

     

        

しかしスピードって大切。車だったら観えない風景が沢山ある。車でしか観えない風景もあるだろう。その時、自分に適した速さで進み、周りを見渡す余裕が必要だったり。

最終的に2日間で200キロ走った。それは大阪〜名古屋よりも長い。普通その距離は自転車で行かないだろう。もうあれだ、10キロや20キロなんて、余裕で自転車で行く距離になってしまった。それはそれで何かと困るよ。

         


2001/08/09

さて、この夏は自転車で琵琶湖一周をする予定だ。琵琶湖一周宣言。なんだか我武者羅な感じ。しかしがむしゃらってこんな字書くのか、すごいな。凄いといえば、最近こまめにチェックしている某サイトの日記が凄い。なんだかダメダメ君がウジウジ呟くタイプのどうかと思える内容を垂れ流している日記なのだが、ウジウジぶりが素晴らしい。仕事では失敗が続き、恋愛に至っては空振りばかり。この前は体を崩して会社を一週間休み、ずいぶんハラハラさせられた。清水の舞台から飛び降りる勇気でもって女の子を食事に誘い、OKをもらった時のはしゃぎ様は壮絶だった。結局この食事も女の子が友達を連れてくるという、ありがちな落ちで終わったのだが、今度はその連れてこられた方の女の子に惚れだすという優柔不断ぶり。なんだよ君はと思っていたら、コンビニのレジの女の子が可愛いと言い出す。なんだよ誰でもいいのかよ。かなり感情移入しながら読んでしまうが、どこの誰だか知らないのだ私は彼の事を。久しぶりに当たりなサイトを発見した感じ。


2001/08/01

青山浩志「夏空ジェットコースター」の制作日記

CDを作るといふこと。 dash

「それは京都で始まった」 6/24土曜日
京都へ蛍を観に行ったのである。毎年哲学の路へ蛍を観に行くので今年も行くのだと、浩志はいう。それはまるで朝に顔を洗うかのように、当たり前の事だと。ならば付きあうぞとばかりに友人を連れ添って京都に行ったのだ。当然夜にならねば蛍は観れず、しかしながら我々が都入りしたのは3時だとかそんな時間。時間をブレイクするため新京極辺りをそぞろ歩き、何気に三条は「アンデパンダン」という喫茶店へ入った。抹茶オーレなどを飲みながら、今度のスペースRの企画について話し合う。プロモーションビデオという案も出たが、それは時間が無さ過ぎる。しかし私には秘策があった。
dash「んじゃあ、dash邸でレコーディングして、おまけCDを作ってプレゼントなんてどう?」それは素晴らしいという事となり、話は進む。抹茶オーレも進む。時間も進む。よし、簡単な録音をやり、2.3曲のCDを作ろう。そして、売るのではなくプレゼントだ。なんて太っ腹なんだ。夏の歌を入れよう。弾き語りになるので「トラウマ」とかいい感じかもしれないから入れよう。しかし「トラウマ」は全然夏っぽくないぞ。まあ、それはそれとしよう。大人にはいろいろあるのだ。嗚呼そうしよう。私から浩志に出した条件は「ジャケットは私の好きなようにやらせる」「音質は保証できない」の2点。所詮家庭用のパソコン。機材も素人の遊び用。音質は限度がある。ジャケットに関しては前回のアルバム「親愛〜」の時は浩志に言われるがままに作った所もあるので(あれはあれで大満足しているが)、一度私の好きなようにやってみたかった。というより、私はジャケットが作りたいだけなのかもしれない。早速来週の週末からレコーディングだ。

       

「その来週が来てしまった」 6/30土曜日
人間の一生の中で一週間など、ほんの一瞬にすぎないの法則により、もう土曜日か来てしまった。本日浩志はスタジオでリハなので、レコーディングは明日の日曜日からに決まっていた。だが私には準備がある。マイクのセッティング。PC環境の整備。野菜の煮込み(カレー用)。さらに、もし犬を飼っていたなら散歩にも行っただろう。もし象を飼っていたなら餌代に悩まされていただろう。それらの準備が全て完了した状態を想像するイメージトレーニングに集中していると、浩志から電話が。聞けばヤジーがダウンしたとの事。よってリハは中止。だから今日からレコーディングしたいとの事。まだ家の準備はイメージトレーニングの状態だ。そういう事をいうか。そうか言うのか。そういう訳で急遽本日から録音作業が開始される事となる。しばらくして「うぃー」と浩志はやってきた。「トラウマ」のレコーディングがスタートする。ギターは結構調子良く、20〜30テイクでオッケーが出る。ちなみに弾くのもオッケーを出すのも浩志本人。まるで独りでじゃんけんをしているようだ。「ん〜おしい」「ん〜もう一回」自分で言うのだ、自分に対して。もちろん「ん〜上手い!!」とかも自分にいう。私には違いのわからない微妙さでギター録音が終わる。続いて歌入れ。これは早い。さすがヴォーカリスト。声が大きい。マンション中に「めくらないでぇいぇえ〜〜〜〜〜」が響き渡る。いったい何事かと思った事だろう。その忍耐力に乾杯。あとギターとコーラスをシャシャッといれて22時前には終了。思ったよりスムーズだ。1日1曲ペースだ。これなら出来そう。調子にのった我々は最近のマイブームである川沿いを上ったり下ったりに出かけてしまう。今回の獲物は「都賀川」だ。歩き出してすぐ大雨に襲われる。滝のようだ。傘も持たず出た我々は、雨に打たれているのが楽しくなり、雨宿りもせずひたすら川沿いを歩く。もう夏なのだ。雨に濡れても風邪をひかない夏なのだ。そこまで来ていると思っていた夏の、実は真っ只中にいたのだ。明日もレコーディングだ。がんばりはしないが、けしてなまけない。←大事

      

きっと つづく

ほうら つづいた

      

「鳥カレーと共に」 7/01日曜日
待望のチキンカレーが出来上がる。3時間ほど鳥と野菜を煮込んだ上に、数々のマサラ。おまけに一晩寝かしてみた。さて、昼過ぎに浩志登場。今日は「10時5分の快速電車」を録音する。10時5分のポイントはアルペジオの響き。マイクの位置をいろいろ試してみる。浩志は調子が出ず、ミスがつづく。気が付けば100テイクを超えている。嗚呼超えている。我々はこの地点で何がなんだかわからなくなっている。浩志はひたすら謝っている。私の仕事は録音開始のボタンをクリックする事なので、何テイクだろうがお構いなしだ。なんとかとり終える。

「鳥カレーはいい感じの味に」 7/07土曜日
寝かし続ける事一週間。鳥カレーの味は最高潮に達し、我々の腹は満たされる。ナイス。夜から夏夜のギター。家での録音は10時が限界。残りは明日。

「そして冷凍庫へ」 7/08日曜日
今日は午前中からの録音。なんと浩志が午前中に動くという、ちょっとした夏の珍事。夏夜のボーカルとり。やはり夜になるにつれていい声になる。今日で、とりあえず録音は終わり。昔とったTeenagerの音源があるというので、それも入れることにする。カレーは冷凍庫へ。

「電車とか波の音」 7/10火曜日
今日は夜にSEの編集。波の音だとか電車の音だとかを調整する。全て浩志が録音してきた物だ。ちゃんと10時5分に駅に行ったらしい。

「車で聴いたりして」 7/11水曜日
今日はトラックダウン。コンポだとか、カーステだとかで聴きまくる。音が落着かない。なんだか揺れているが治らない。ハードの限界を感じる。とにかく完パケ。

「やっとジャケット制作」 7/12木曜日
平日の作業は、すべて仕事の後、つまり夜中にやっている。眠い。ジャケットはサクサク出来る。いろいろひらめいて、止まらない。夜中にコンビニまで独りで蚊取り線香を買いに行く。なんだか夏っぽい。眠いが楽しい。

「ラベルもあるでよ」 7/13金曜日
引き続きジャケット制作。歌詞カードも作る。しかしよく働くもんだ。ラベルも蚊取り線香にする。デザインでいろいろ試す作業はホントに楽しい。いつまでもやっている。明日も仕事だというのに。

「前日だったり」 7/14土曜日
夜に浩志が印刷用紙を持ってくる。本刷りが始まるが、思ったより時間がかかる。なんせ両面60枚分だ。組み立てもある、花火もいれなきゃ。プリンターをほっといて、また川に行ってしまう。今度は石屋川。下っていくとアフターイメージの撮影場所に出て、しばし思い出に浸る。ライブもあるので浩志をAM4時に帰し、独りで印刷。

「寝たり寝なかったり」 7/15日曜日
2時間毎に目覚ましをセットして、給紙したり、インク換えたり。寝たような寝てないような。生後まもない赤ちゃんのお守りの気分。PM3時くらいにようやく出来上がる。急いでスペースRへ。なんとか間に合った。しかし眠い。他にもいろいろあったような、だが忘れてしまった。あー楽しかった。このCDによってライブ終了後の寂しさが少しでも解消できたなら、嬉しいと思う。そして、スペースRのお客さんが増えたなら、最高。

       


2001/07/06

ホントなのか、YahooBB。ADSLのつなぎっぱなで、プロバイダ料込みで3000円。今までNTTに払っていたあの料金はいったい何だったんだ。っていうよりISDNは、いったい何だったんだ。わざわざ回線デジタルにして、高い基本料払って、おまけにテレホも割高。YahooBBがホントだったなら、今までのデジタル→アナログの差額とテレホ代で、通信速度8MbpsのADSLの環境が手に入り、おつりがくる。しかもプロバイダ料込み。う〜ん安すぎ。いやぁ、どうしたものか。っていうか、もう申し込んだ。メルアドとか、ここのURLとか変わっちゃうけれど、あの安さは魅力だ。しかし、孫さんがなぁ。あの髪型はどうかと。

       

そして最近の出来事といえば、近所のファミリーマートが、ことごとく消えていく問題。近所だけで3件も無くなった。ちょっと前までロドニーのベーグルだとかでがんばってたのに、だ。無印グッズとかもお気軽にゲット出来てたのに。一番近かったファミマは掃除屋になった。他の2件はシャッターが閉まったままだ。セブンイレブンの増え率に反比例して減っていく。飼い犬に噛まれるとは、この事か。全然違うと思う。

      

セブンイレブンといえば、会社の近所のセブンイレブンの店員が開店してもう3ヶ月以上経つのに、未だに要領が悪い問題。今日もレジは長蛇の列だ。どうも弁当温めが連続すると、ちょっとパニる体制が整っているようだ。この前買ったお好み焼きは、まだ中が冷たかった。今日買った弁当は、レジの奥で少し行方不明。

     

行方不明といえば、2000円札をこの頃さっぱり見かけない問題。もう全然見ない。このままこっそり無かった事になるのかもしれない。2000年だから2000円札でイェ〜イみたいな雰囲気だったのに。この際、2001円札を作るというのはどうだろう。何がこの際なんだか。

         

ここでちょっと自慢ですが、2002年W杯の神戸開催チケットの購入権、ちゃっかりゲット。こんな事だけは、しっかりしていると我ながら思う夏の夜。

     

7月15日(日)スペースRでの、青山浩志ソロライブですが、かなり良い物をプレゼント出来るかもしれませんよ。いや、プレゼントします。これなかった人からは大ブーイング。来ていただいた方は大ハッピー。これは行くしかない。

     


2001/06/02

みんな、猫は好きかぁ〜!!   そして、僕は猫が好きかぁ〜!!

只今、猫の里親を強烈に探しております。ほら、可愛い。まるで生きてるみたい!! いや、生きてます。しかも元気。

掲示板に書き込みがあるように、某小学校に勤務の先生が、生徒がゲットしてきた子猫の対処に困っておられます。2匹のうち1匹は、行き先が決まりました、ナイス。残すは1匹。

子猫の特徴としては、炊事洗濯が得意。将来の夢は公務員らしく意外に堅実派。趣味は磯釣りと天体観測で、今のところ無宗教だそうです。あとトイレの躾済みです。可愛がってくださる方、ぜひとも連絡ください!!ホントかわいいのさ。見たらばきっと飼いたくなるのさ。

欲しい!! 見たい!! な方はこちらまで→


2001/05/25

さて、友人の結婚式に出席するために福井県へ行ったのであった。

今回は同行の青山浩志が式で歌うというメインイベントがあるものの、せっかくだからという事で、前のり。もちろん計画性のない我々の事、何も考えずに西宮を出発したのは夜中の2時。

まずは大津SAで滋賀県民の風習について学んだのである。滋賀県の人は、ついついバケツに乗ってしまう。気が付けば皆、バケツの上にいる。

  

どちらかというと僕はバケツに乗るのは苦手だ。しかし、三木じゅんよ。お前は誰だ。お前もバケツに乗るのか?だがしかし、こんな所で遊んでいる場合ではない。

えべっさんと水仙娘に見送られながら福井入りした我々は、「すかっとランド九頭竜」と名のる温泉施設でリフレッシュ。ここは県だか市だかの施設なのだが、何が凄いって「九頭竜」の読み方が分からない点が凄い。九頭だからキングギドラの3倍だ。

聞けば貧困の村に9つの頭をもった竜が現れ、村人の望みを叶えまくるのだが、調子にのった村人の態度に嫌気がさした竜が村を去り、村人全員で反省しまくり、それをバネに村が繁栄するというハートウォーミング系の伝説があるといいなと思ったのだが、そんなものはまったく無かった。

そんなまったく無い伝説を長々と解説する旅レポもどうかと思うが、三木じゅんも、どうかと思う。あとバケツ乗りも。

 

そして式場に到着。浩志は歌う。鮮魚が並び、ケーキは切られ、シャボン玉は放たれ、スピーチは長引き、引き出物はかさ張る。アットホームな良い結婚式でした。おめでとう治桃。結婚式と盆栽は、ほめるしかない。

     

 

帰り道でトトロの捕獲に成功。が、しかしdashの住むマンションは残酷にもトトロ禁止。泣く泣く逃がす我々であった。


2001/05/16

13日のスペースRでの「青山浩志ライブ」には、沢山の方にご来場いただきまして、まことにありがとうございました。

今回のメダマはメンバー紹介を兼ねたソロパート。めったに観れない浩志のギターソロ。いかがだったでしょうか?「ギタリストじゃないので」と、言い訳しておりましたが、それじゃあんたが肩からぶら下げているそれは何だ!と思ったり。

毎回、他のライブハウスと違って、とてもアットホームな雰囲気で、やるほうも観るほうも、ホント楽しいスペースR。もうちょっと音が良ければいいんだけれど。今回も便利屋dashは会場や照明のセッティングからPAまで忙しい1日でした。甲子園の焼肉最高。

 

      

さて、ライブのMCでも少し触れていただいた、dash絡みの個展。気がつけば本日16日から開催いたします。って、僕の個展では無いのですが、友人のIZMがなんとなく創った絵本の原画やシルバーアクセサリー、僕を含めた友人数人のポストカード等がぶちまけられた空間が、三宮のちっちゃいギャラリーに出現いたします。数々の制止を振り切って。

       

  

「それは、葉っぱか葉っぱじゃないか」

期間 5/16(水)から5/22(火)月曜定休

午前11時から午後8時(金・土のみ午後9時まで)

初日午後1時半から、最終日6時半まで

場所 神戸市中央区加納町3-11-2

ブルパンキーノ 4Fギャラリー

会場のブルパンキーノですが、三宮の駅から北野坂をサラッと上がっていって、加納町の交差点付近のアンティーク家具等を売っている、洒落た店です。屋上にカフェがあったりして、その手の雑誌には度々紹介されている有名なお店なのですが、何せ店名が覚えにくい。僕も未だに「ブルーノパンキーニ」とかいってますが、だいたい合ってればたどり着けるでしょう。それタダ関係では、neoBの絵本だとか、HONEYやdashのポストカードが展示販売されているはずです。店番しているはずのIZMに「それタダ」みて来ましたというと、「ゑっ?」と言ってもらえる予定です。dashも平日の夜や休日にはウロウロしているはずですので、見かけたらほっておいてください。そうだ、運が良ければ青山浩志にも会えますよ。会ってどうする。前々から「青山浩志って誰?」と感じているあなたへも朗報!!会場では青山浩志のCDが視聴でき、おまけに買ったり買わなかったりも出来るという。そしてそのCDウォークマンはdash邸から持っていくという。明けない夜はないという。

       


2001/04/22

デジカメの写真がたまってしまってどうしようもない毎日、いかがお過ごしでしょうか?しかたがないのでサーバーにアップしておこう。そうしよう。

    

2001年春・場末を求めて

       

 

場末船にて・場末公立中学校

 

場末呑み屋・場末犬(名無し)

 

場末ツーショト・場末海岸(やはり泳ぐ人1名)

       

そして青山バンドのドラマーKenzyのバースデーパーティーを
dash邸でおこなってみました。

 

店員のコスプレでおもてなし。

 

特別ゲストの磯野氏From劇団☆新感線は、やはり曲者だった。

カフェコーナーにて談話中のリズム隊。

      

さて、イチローが打席に立つとバックネットの下に現れる任天堂の看板に対して、アメリカの人がどう思っているのかが気になる男ことdashですが、最近はすっかり鼻洗浄にはまっております。ムズムズする鼻もたちまちすっきり。苦痛から開放される感覚が素晴らしく、最近では鼻がムズムズするのが待ち遠しい、そんな春です。なにいってんだか。


2001/04/01

さて休日ってことでシャリシャリっとポストカード作り。僕の場合フォトショップに頼るところが大きくて、自分が描いているんだかソフトが描いているんだかわかりゃしないのが特徴。マウスに身を任せて無心でウニャウニャやっていると適当にまとまる所が素晴らしいぞフォトショップ。ゴールデンウィークあけに三宮のギャラリーで個展を開く友達に便乗して展示するつもり。

  

    

そしてHDを整理していると、青山浩志「親愛ナル明日ノ為ニ。」ブックレット製作中の写真が出てきたので、唐突にアップ。

歌詞のチェック中。部屋散乱中。

奥の黒林檎が大活躍。大量の「ふうせんかずら」も見えますね。

ジャケットのボツ案が転がってます。

合計10案位作りましたからね。もはや懐かしい感じ。


2001/03/24

情報誌によると、あちらこちらでカフェブームだそうですが、dash邸も負けじとカフェブーム。連日、私で賑わっております。

こういう自己満足の世界は、やりだすときりが無いのですが、今日は照明、明日は床と日に日に充実し、制作から1ヶ月以上たった現在、下記の写真のように、かなりの本格派になりました。やってくる友人に「僕も家にも造りたい」と言わしめるのが第一の目標だったのですが、それは楽勝でクリアしたので、現在の目標は「店と思って知らない人がやってきて、そう思い込んだまま帰っていく」に設定しました。ワクワク。

      

          

         

さて、先ほどローソンにてiChipsなるポテトチップを買ったのですが、それはそれは素晴らしいおまけが付いておりました。期間限定、ケインコスギシール付。全国でケインコスギのファンは多く見積もって30人はいるでしょう。ものすごい隙間を狙ったハウス食品には拍手ものですが、販促グッズとしては、いかがなものでしょうか。

意味も無くフィリップモリスにはってみましたが、ケイン君腕立てふせバージョンです。普通、これ欲しいか?

確かに爽やか好青年で、嫌いな人は少ないでしょうが、シール欲しいか?何に貼るのだシール。

なぜ、ケインが選ばれたのか。嶋大輔ではダメなのか?池谷兄弟はどうだ。きっとダメだ。

いや、嶋大輔シールなら、ちょっと欲しいかも。

            

さて、今回の近頃dashは画像満載でお届けしておりますが、それは私がGoLiveでの画像の貼り付け方がわかった為。dashのwebレベルが1あがった。ピロロン。しかしながら、リンクの貼り方については、まだわかりません。

        

そして、まだつづく。

先日「ハンニバル」の試写会に行ってまいりました。とてもかっこいい映像で・・・。

             

「ハンニバル」

ここからネタバレ注意

ジメジメ感というかジワジワ感というか、なんとも言えない恐怖を見事に表現した前作「羊達の沈黙」とは、まったく違う表現方法。監督が違う、クラリスが違う、クロフォードは出てこない。これは、まったく別の映画だ。とにかく映像がかっこいい。レクターをいかにかっこよく映像化するか!その1点に向けられた監督の情熱が画面から伝わってくる。人が内臓を垂れ流して吊るされ殺される。ナイフで首を切り殺される。豚に喰い殺される。それら残酷極まりないはずのシーンも、映像の美しさであまりショッキングには観えない。問題のラストシーン、クラリスが最後までレクターに心を許さないという点が、原作とは違っていました。まあこれば無難なラストといったところでしょう。

やはりあの原作を2時間で再現するのは無理があったようで、ダイジェスト版を観ているような感覚になったのも事実。人間関係、物語背景の説明を大幅にカットしてあるため、敵対する、信頼しあう、それらの関係がはっきりせず、淡白な感じ。なかでもメイスンの妹マーゴが出てこなかったのは、物語の深みが無くなり残念。クレンドラーは、もっとジメジメとクラリスをいじめないとラストが活きてこない。僕は原作を読んでいたので話の筋には納得できましたが、未読の人にはどうなんでしょう。かっこいいから僕は好きなんですけどこの映画。

ここまでネタバレ!!

はい、ドキドキしたい方は映画を観てから原作を読み、マニアックに楽しみたい方は原作を読んでから映画をご覧下さい。前者がお薦め。

      


2001/03/21

ポカポカ陽気で、気の利いたプレゼントみたいな休日。行楽地は沢山の家族連れでにぎわい、浜村淳はUSJにたどり着き、象の諏訪子は感謝状をもらう、そんな休日。私dashは冬布団の圧縮に苦戦しておりました。掃除機の力不足か、そもそもやり方を間違ったのか、ちっともペチャンコになりません。最終的には少しだけジップロックの隙間を空けた状態で、ビニール袋に包まれた布団の上をゴロゴロ寝転がって空気を搾り出すという、なんとも間抜けな事に。もしも誰かに見られてたら、もの凄い弱みを握られた事になっていたでしょう。

さて、本日21日は「ハンニバル」の試写会に行ってきます。ネタバレ注意レポをアップ予定ですので、ご注意ください。


2001/03/13

ふ〜。やっとこさ準備が整いました。なんとなく、なんとなくですがGoLiveの使い方もわかってきて、こうやって更新が出来るようになりました。観ていただいている皆さんは、何一つ変化が感じられない事なのでしょうが、僕のPC環境的には、大変な作業でした。まったくもう。もしもリンク切れ等発見されましたら、ご報告ください。めちゃくちゃ助かります。

今までMAC&PageMillで管理しておりました「それタダ」ですが、今回からWin&GoLiveです。だからって、なんにも変わらないのですけど。

さて、ずいぶんと長い間更新出来なかったのですが、その間の最大の出来事といえば、青山浩志ファーストソロアルバム「親愛ナル明日ノ為ニ。」の発売といえましょう。僕dashもアートワークでお手伝いさせていただいております。ちなみに表ジャケットで浩志の後ろで白く波を描く妙な絵柄は、dash邸のカーテンです。裏ジャケットで種を抱え込んだ手の奥に見える緑はdash邸のソファーベッドの色です。このように大変アットホームな内容になっております。一家に一枚、旅のお供に、眠れぬ夜に、憂鬱な朝に、退屈な休日に、窮屈な平日に!!ふうせんかずらの種付き¥2000-是非ともお買い求めください。購入方法につきましては、また報告いたしますが、今すぐ欲しい!って方はdashまでメールでご連絡を。

はい、まぁあのサイトの本格的なリニューアルは先送りになりましたが、これからも、どうぞよろしくお願いします。

「ナイトメアービフォア・クリスマス」
何年前でしょうか、劇場で観て衝撃を受け自分の中の大切な物フォルダーにずっと保存していたのですが、ふとレンタルビデオのビデオ合衆国(しかし、凄い名前だUSV。よりによって合衆国ってこたぁ無いだろう。多ジャンルのビデオが揃っているという意味では共和国の方がいいのでは?ビデオ共和国。インパクトではビデオ鎖国ってのもある。意味はますます不明になるが。)で、みつけたので久しぶりに観ました。ティムバートンのある種偏った世界観をストップモーションアニメ(これが凄い!)で創り上げた、今でも熱狂的なファンが存在するカルトムービー。今なら間違いなくCGで制作されるのでしょうが、あの味わいは決してCGでは出せないでしょう。人形を1コマずつ動かして撮影し、まるでホントに生きているかのように見せるストップモーションアニメの完成形だといえるでしょう。コンピュータ制御されたカメラと連動し、しかもセリフと口が合っている仕事の細かさ。観る側の70分なんてあっという間ですが、制作にはいったいどれくらいの期間がかかったのでしょうか。ストーリー的にはどうって事のない話なのですが、出てくるキャラクターやセットがもろティムバートン(バットマン1&2、シザーハンズ)で、ニコニコしてしまいます。彼の描いた絵本(これまた傑作!なのになくした!どこいった!)とあわせて、未体験の方はぜひ一度ご覧下さい。


2001/01/06

砂糖・マカダミアナッツ・アーモンド・全粉乳・カカオマス・ココアバター・植物油脂・ココアパウダー・クリームパウダー・乳糖・乳化剤・香料

以上、冬のくちどけアーモンド&マカダミアの
原材料名をもちまして
新年の挨拶とかえさせていただきます。

「おけおめ」とか「誕おめ」だとか
いろいろメールをありがとうございました。

     

「Dancer In The Dark」
ビョーク主演の悲しい感じのミュージカルと聞いて観てきました。超古典的な悲劇のストーリーなんだけどミュージカルを挿入する事によってちゃんとエンターテイメントになっていた。ビョーク主演じゃなかったらもっとイヤな感じを受けたでしょう。だってあのエンディング。初デートの恋人達はその後のカフェでどんな話をしろというのでしょう。しんみりズド〜〜ン。

        
(ここから映画のネタバレ注意!)
そして思うのは、僕がもし陪審員だったのなら間違いなくビョーク演じるセルマを有罪(極刑)にしたであろうって事。あの状況証拠、物的証拠をもってして減刑を主張する人はいないはず。人間関係や因果関係、真実を映画を通して知っている僕はラストシーンで泣いてしまった。可哀相だと思った。理不尽だと思った。あんまりだと思った。誰か何とかしてやれとさえ思った。
そんな僕でも、もし裁判での審議だけで判断する陪審員ならば極刑に賛成したであろう。なんてひどい事をする女だ、と。
テレビや新聞で見聞きする大小様々なニュースの、ひとつひとつにもストーリーがあるという事を僕はついつい忘れがちだ。タクシーの運転手を刺した若いカップル。刺された運転手。金属バットの少年。爆破未遂の少年。コンビニ強盗。いじめによる自殺。残ったいじめっこ。ストーカー教師。横領がばれた課長。選挙違反の議員候補。幼児虐待。両親殺害。それらの一つ一つに僕の知らない、一生おもてに出てこないストーリーがある。
「だから許される」とか「だったらしょうがない」というわけではなく、ただただそこには各々の物語が必ずある。もしかするとホントの事は本人にしか解らない、本人ですら解らない様々な理由により事件は起こる。
それらのほんの表面、100%の正解ではないかもしれない結果が新聞やテレビで発表されているという事を僕は忘れないようにしようと思った。何処かで起こった誰かの事件について、僕はいつだって何も知らない。ショッキングな見出しに「あーまたか」だとか「物騒な世の中だ」だとか簡単な感情で感じるくらいなら、事件そのものを無視する方が正常なのかもしれない。
新年からやけに重い内容の「それタダ」です。
「そういうものだ(byカート・ヴォネガットJr)」という言葉が僕の救いと勇気。
(ここまでネタバレ注意!)

      
で、正月休みに「マグノリア」をビデオで見直して思ったのですが、やっぱりビデオはダメだ。ビデオのマグノリアは映画館で観たマグノリアに似たやつで、マグノリアではない。ぜんぜん違う。映画は映画館で観る事を前提に制作されているので、ビデオで観るのはやっぱり違う。どれだけ面白くても、それは監督および制作者の意図とは違うし、ビデオだけで面白くないと思うのは映画に対して失礼だ。別にいいんだけれど。映画館でのマグノリアを見逃した人は、物凄く後悔した方がいいと思う。反り返るくらい。同様に、ビデオで映画を判断するのは良くないし、損してると思う。もちろん映画館で観てもつまらないものは、つまらないんだけれど。
で、dancer in the dark。ビデオになってからなら観ない方がいいと思う。是非とも、映画館で御覧になって、いろんな感情を揺さぶられてください。(初デート以外の人)
皆さんの感想が聞きたい聞きたい。
             


2000/12/31

何だか「ワー」と言っている間に終ってしまった。
26日にチキンジョージのスガシカオのライブ(スガチキン)、行ってまいりました。なんだか凄かった。
詳しいレポは年明けにでもいたします。実はチケット持ってなかったのさ。ふふふ、ズルはしてません、事務所公認で入場してきました。いかにして?ふっふっふっ。

ニューPCは年明けすぐに購入予定。このサイトのデザインもがらっと変ります。イメチェン。
そして今年のdash的大賞、各部門の発表です。

         

2000年度dash大賞

映画部門:マグノリア

音楽部門:中村一義 ERA

演劇部門:NODAMAP 農業少女

ライブ部門:スガシカオ(チキンジョージ)

野菜部門:タマネギ

指部門:薬指

間取り部門:2LDK

田舎部門:栃木県

携帯プラン部門:ローコールプラン

ダンス部門:レイクエンジェルの「イ」の人

      

それでは皆様、(できるだけ)よいお年を!


2000/12/25

23日芦屋スペースRにお越しいただいた皆様。夕立なんかもありましたが、ありがとうございました。リザスマ中野君とのからみ、面白かったですね。新人漫才師って感じで。
来年も予定してますので、よろしくお願いします。

さきほどコンビニに行ったところ、おっちゃんとおばちゃんが喧嘩してた。エスカレートしていく口論に店員のサンタは苦笑い。しかもおっちゃんはTRFの新幹線みたいな顔したDJの人にそっくり。今どきTRFって所が、その場の物悲しさを助長していた。
メリークリスマス。


2000/12/18

どれだけ一生懸命掃除しても、それが押入れの中ならば効果は目に見えない。

これは昔の偉い人が言った格言でもなんでもなく、今の僕の状況。今ここにある状況。悔しいので無意味に押入れを開けたり閉めたり又開けたりしてますが、それは大人の行動としては、いかがなものか。

どれだけ一生懸命掃除しても、それが押入れの中ならば効果は目に見えない。(ソクラテス)

きっとソクラテスはそんなこたぁ言っちゃいないのだ。しかし(ソクラテス)と書くと、何か深読みしたくなるから不思議だ。具体的に何をした人かは詳しく存じ上げませんが、ありがとうソクラテス。

そして今日もCATVの通信販売チャンネルでは、購買ターゲット不明の商品が紹介されていく。
経費削減の為にモデルに駆り出されたアシスタントディレクターが頭に巻いているのは細長い風船で、すなわちそれが商品だ。企画部が5秒で考えたであろう商品名は「ファンタジーバルーン」
そんなものを頭に巻いてテレビに出ているあんたの方が、よっぽどファンタジーだ。
そしてこの出来る事なら見なかった事にしておきたい顔の落書きは、フェイス・ペインティングセット、すなわち絵の具によって描かれている。
販売促進おねえさんは「これなら今時のコギャルメイクも出来ますね」とか言っていた。出来ないと思う。
通信販売の世界は恐ろしい。

      


2000/12/14

それはまさにオモニショックと呼んでかまわないであろう。
神戸のみならず関西の人間ならばだれでも知ってる韓国料理の店「オモニ」。その美味しさとアットホーム過ぎる雰囲気に一度行けば二度、二度行けば三度、三度行けばたくさん(ブッシュマン進法)通った方も多いと思われる、高架下の超有名店。ここではじめて「チジム」や「ビビンバ」に遭遇したという人も数知れず。
そのオモニがハーバーランドのモザイクに出来ていたらしい(高架下店の存続については未確認)という情報を得て、本日やんわり調査活動。隊長、潜入に成功いたしました。なんだか新しい店なのに無理矢理ゴチャゴチャ雰囲気を作り出して、それがわざとらしいです。
人間の味覚なんて主観の極みだし、いわゆる好き嫌いがあって当り前。さらに店には利害関係が及ぶので、おいそれと調査報告は書けません。僕は店であんなに大胆に料理を残したのは初めてだなんて書けないだろう。とにかく食べれない程どうかした味、美味しいや不味いを超えて、傷んでいるんじゃ?と心配したなんて書いちゃだめであろう。店のおばちゃんのやる気が消え伏せ、かわりに面倒臭いといったそぶりが最高潮に達していたなどと、書くわけにはいかないであろう。仮に満腹になっても何かが満たされないと察知し、早々と店を出たなどと書けないであろう。
きっと僕の体調が悪かったのだ。一緒に行った連れも同じく体調不良だったに違いあるまい。そのわりに口直しに入ったスターバックスのカフェモカはいつものように美味しかったのだけれど。いやいつも以上に美味しく感じた、必要以上に「美味しい」を口に出して自分を落着かせたりしたのだけれど。
さようならオモニ。プチブルー。

    


2000/12/12

「wwwイエローページVo.10」というムックにおいて「それタダ」が紹介されております。掲載していただいてこんな事をいうのもなんなのですが、¥1,500もだしてこんなムックを買う人がいるのでしょうか?サイトを調べるのはサイトで、というのが常識だと思うのですが、紙媒体の安心感ってのも今どきどうなのでしょう。間違って本屋で手にとった方は、その紹介文の間抜けさに失笑してください。「イージーさが隅々まで行き届いている」なんて書かれてまして、いやはや。イージー。

セレロン700ソニー君の購入をついに決意。だってAIBOより安いんだもん。
どうやってデータを移すのか、黒林檎のFDは死んでいるぞ!WIN用のHTMLエディタ持ってないぞ!TAはこのまま使えるのか!いろいろ調べごとが大変なり。イージー。

    


2000/12/04
浩志とアルバムジャケットの打ち合せが長引き、なんだかんだで寝たのはAM3:30。おそろしい事に次の日は京都で研修会がありAM6:30には起床せねばならず、どう考えても寝不足さん。案の定研修中は眠くて眠くてしかたがなかった。今回の研修は京都の非公開庭園を特別観せてもらうという内容で、それは期待していたのですが、どれもこれも普通の庭でした。しかし他の参加者が「とてもありがたいものを見せていただいた」顔をしていたので、それがとても面白かった。みんな写真パシャパシャ撮ってるし。確かに歴史のある文化財としての庭園を長期間維持していくことは、大変な仕事だと思う。しかし、人の入れない庭なんて、とも思う。そもそも回遊式庭園といって、人が歩き回る為の庭園が入場禁止だなんて、なんだか気持ち悪い。

       
庭の写真もなんなんで、行く途中で見つけた幼稚園。近所では「復活さん」と呼ばれている。(推測) それはそうと、京都で昼御飯を食べようと入ったとんかつ屋。あんなに不味いとんかつを食べたのは生まれて初めてです。ありがとう。隣のカップルは女性が前の彼氏の悪口をずっと言っていて、その間男性はずっと「うんうん」楽しそうにうなずいてました。どちらの神経も理解できませんが、勝手に人の会話を聞きながら腹立てている僕は、京都まで来ていったい何をしているのでしょう。不味い飯に不味い会話。この場末感は、いったいなんなのでしょう。こんな事なら日曜祝日は倍の値段になるハンバーガー屋でポテトをシャカシャカするんだった。

       
     


2000/11/29

もしも伊丹十三が生きていたら撮ったかも知れない映画シリーズ。

「100円の女」
スーパー経営に行き詰まった経営者(津川雅彦)が、再起をかけて100円ショップの経営に挑み失敗や成功を繰り返す。その影には妻(宮本信子)の絶え間ぬ努力があった。

「ITの女」
会社をリストラされた中年男(津川雅彦)が、再起をかけてプロバイダーの経営に挑み失敗や成功を繰り返す。その影には、やり手社員(宮本信子)の絶え間ぬ努力があった。

「石器埋めの女」
遺跡発掘に行き詰まった研究者(津川雅彦)が、再起をかけて石器埋め、自ら発掘に挑み失敗や成功を繰り返す。その影には石器(宮本信子)の絶え間ぬ努力があった。

「雪印の女」
不祥事の発覚した雪印社長(津川雅彦)が、再起をかけて新聞記者(宮本信子)と寝た寝てないの言い合いを繰り返す。その影にはホルスタイン(宮本信子2役)の絶え間ぬ努力があった。

「津川雅彦な女」
夫の自殺に落胆する女優(津川雅彦)が、再起をかけてバラエティー進出に挑む。その影には津川雅彦(宮本信子)の絶え間ぬ努力があった。

「大統領の女」
当選が決まらずイライラする2人の大統領候補、ブッシュ(津川雅彦)とゴア(津川雅彦2役)。その影にはフロリダ州民(宮本信子1,300万役)の絶え間ぬ努力があった。

いくらでも書けそうなので、このへんで。

         


2000/11/27

気がつけば師走。ホントの世紀末ですが、そんな気配もありませんが、いかがお過ごし?我MACはついにFDを感知しなくなりました。その点では、もともとFDの無いG4に追い付いたと言えよう。ネットでVAIOを探したりしたもんで、ご機嫌ななめ(ジョニーは)なのです。この年末にかけて、青山浩志関連の大仕事をしてもらわなくちゃならんのになぁ。と、さりげにヒント。こうご期待。

で、12月4日(月)はスタークラブで青山浩志バースデーライブです。今から仕事や用事のレッツ調整!皆で押し掛けましょう。

さらには、12月9日(土)にバースデーパーティーが明石のワームスにて行われます。何といっても先着25名の、早いもん勝ち。はりーはりー。

      


2000/11/02

松本大洋の新刊コミックの発売を電車の中吊りで知り、本屋にGO。なかなかなくって、3件くらいまわってやっとみつけたものの、なんとお値段¥2,500。たぶん、たぶんだけど高い。コミックに2,500円はイヤだ。家にたくさんあるのに、駅で100円ライター買うのと同じくらいイヤ。

<農業少女>NODA・MAP  近鉄アート館
客席とステージの境界線がなく、ライブ感がたまらない。真横で出演者である松尾スズキ氏のつばが飛ぶ!野田秀樹が駆け上がってくる。客と絡む絡む。ワクワク。2時間なんて、あっちゅうまでした。今回は番外公演という事で、4人だけのお芝居。出ずっぱり。ただ、ホンがちょっと説教臭くて、詰込み過ぎの消化不足って感じ。番外公演だから、これでいいのでしょうが。それにしても、深津絵里の可愛さといったら、もう。小悪魔というか、無邪気に人を傷つけていく感じが素晴らしく愛らしい。当日立見席もあるようですので(凄い争奪戦らしい)がんばってみてはいかがでしょうか。特に芝居初心者の方にお薦め。こんな世界もある。

     


2000/10/27

dash邸のトイレのドアにはブースカが飾ってある。べん座をおろしさぁどうだ、という体勢でちょうど御対面する。3年近く飾ってあるので、もしかすると僕の身体は、ブースカを見ると自動的にアレなことになっているのかもしれない。条件反射。
街でブースカに出逢う。そんなファンタジーも僕にとっては大ピンチだ。


ブースカとチョロギはいっさい関係ありません。

スガシカオ「4FLUSHER」
子供の残酷性を引きずったまま大人になった全ての人に贈る、スガ節炸裂のニューアルバム。
ひどい状況や恋愛、他人との関係がドロドロと歌われているからこそ、「波光」のようにどうしようもなく切ない歌が、心の中にグサッと入ってくる。1曲1曲が短編小説のようで実は、トータルコンセプトアルバムという、複雑なつくり。やるなスガ。


2000/10/15

少し前、田代まさしが自分の仕込み芸についての苦労話をしていた。
「仕込んだもののタイミングがなくて出せなかったネタも、あるんだよねえ」
どうも視聴者はバカにして観ているだろうけれど、実はけっこう大変だし、苦労してるんだぞ、と言いたげな態度が嫌な感じだった。そんな話は聞きたくない。
と、思っていたら最近、田代の元気がなくなった。コメントしない、クイズ答えない、画面にあんまり映らない。そもそも存在感がない。これは何かあったに違いない。

例えば、電車のホームでミニスカ女性の下着を撮影しようとしてみつかっちゃったとか。
で、実はそれは趣味でネタのビデオの撮影中のアクシデントだと主張しただとか。
で、そのネタは「ミニにタコ」だったとか。
なんか、そんなたぐいの事でもあったに違いない。きっとそうだ。

現在の田代のテレビでの存在感の無さから、我々はひとつの事を学べる。それは、テレビの世界では編集の仕方によっていくらでも「でしゃばりキャラ」や、「おとなしいキャラ」が作れる、ということ。もしかするとデビ夫人は編集の力によって、あんなキャラになっているのかも。実は控え目な性格。だったらどうだと言うのだ。驚きだ、と言おう。

驚きついでに最近知ってびっくりしたのは、かのう姉妹。僕が「かのう」の漢字がわからない事などさておき、実は彼女等は実の姉妹ではないという事実。さらに、腹違いの姉妹ですらない。まったくの赤の他人。赤の他人姉妹。姉妹の新しい形だ。ニュータイプ姉妹。
彼女等が姉妹でないのなら「かのう」の名字は、どう説明してくれよう。偶然同姓だったのか?それとも「私達って、かのうって雰囲気よね。ねぇセバスチャン」などと乱暴に決めたのか?しかし「かのう」の字が思い出せない自分が腹立たしい。なんとなく「汁」みたいな字だったような気がする。MACの漢字変換ソフトでは「かのう」を汁っぽい、あの字に変換してくれない。他の読み方がわからない。このさい、汁っぽい姉妹でどうだ。
さらに汁っぽい彼女等の肩書きは「カリスマ読者」などという。書いていて何の事だかわからなくなってきました。さらにこれらの事が世間一般ではすでに常識で、皆さんに今更この人は何驚いてるの?と、呆れられているかもしれない。だとしたら、ボクの時代感覚の古さにも驚きだ。いやあ、まいりもうした。

ちなみに田代まさしをマーシーと書かなかったのは、ボクにとってのマーシーは真島昌利だから。ちょっと上のお兄さんお姉さんならアースシェーカーのヴォーカルが、My own マーシーなはず。マーシー豆知識。

      

P.S.  このインデックスページ。
デザイン的に問題がある事は、そこはかとなく気付いております。


2000/10/11


どうも、dashです。あれこれ、いじってみました。ものの本によると、縦に長ーいサイトはダメ!と書いてあったので、縦に長ーくしてみました。フレームとかがイイらしいのですが、何の事だかさっぱりわかりません。すばらしいスキル!どうですか?みにくいですね。あと、字がちっちゃいとの意見も。

どりゃっ!
更に小さくなりました。読めませんね。

うりゃっ!
そうそう、WEBラジオ復活らしいですよ。福井在住135の協力を得て、皆さんにも楽々聞ける環境でお届けできそうです。よいしらせよいしらせ。
ところで下のコンテンツの更新がボォーっとほったらかしですが、どうか気にしないでください。ボクは気にしてません。あと、ロシアのシンクロナイズドスイミングの選手の衣装に漢字で「空手」と描いてあったのも、気にしないでください。ボクは気にしてません。空手?空手?からて?

おまけ画像その1
足相撲

おまけ画像その2
クラッシュギャルズ久しぶりに発見!ギャルズ?
ぎゃるず?

あと、来週スタークラブで浩志のライブがあります。
めちゃくちゃアバウトな告知。

嗚呼、ジョンレノンミュージアム行きたいの。しかし何故埼玉?埼玉?さいたまだ?